« 伊達政宗とバースデーケーキ | トップページ | クソ物件オブザイヤー2017 »

2017年11月14日 (火)

カラオケ・エイド

「歌いに行く?」の誘いは消えた…20年で進んだ“カラオケ離れ”

まあ見事に、CDシングル売上と同じく1990年代後半かピーク。
あとは右肩下がり。

10年前が底で、そっからは微増って感じだな。

結局、カラオケに使うお金がケータイやスマホに消えているのも大きいのでは?

ただ、カラオケボックスとしてではなく、パーティボックスエンタテイメントボックスとしてカラオケに限らず、ちょっとした集まりや飲み会が出来るレンタルプライベートルームとしての機能を持たせれば・・・・・

まあ、それはそれで、いろんな風営法の壁がありそうだが。

カラオケも技術的には本当に進化しているんだよ。
生音カラオケの配信もできるしね。
映像だって昔みたいにイメージ映像をランダムに流すんじゃなく、そのままPVを流すことだって可能だしね。

ただ、そういった技術の進化にソフトが付いていけていないイメージ。

どうやって楽しむか?とか、新しいカラオケの魅力をどう届けるか?とか。
そういうのがないんだよなぁ。

それでも、テレビでカラオケのど自慢的番組なんか根強い人気があるしね。
お客の任意により、歌った曲が、そういった番組や芸能事務所、レコード会社と連動するような仕組みが出来れば面白いと思うのだが。

たとえば驚異的な得点をたたき出すと、テレビ局から出演依頼や、レコード会社からデビューの話が出るとかね。

これも個人情報の絡みもあり、難しいと思うが・・・・・

|

« 伊達政宗とバースデーケーキ | トップページ | クソ物件オブザイヤー2017 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カラオケ・エイド:

« 伊達政宗とバースデーケーキ | トップページ | クソ物件オブザイヤー2017 »