« ソースとんこつだと!? | トップページ | さようなら東風荘 »

2017年11月 6日 (月)

ネット投票は公営ギャンブルを救うのか?

消滅危機にあった世界唯一の「ばんえい競馬」を救ったネット投票

ギャンブル依存症の人間は救われない!!なんて野暮な事いう奴はほっといて(w

いや、こういう記事を見るにつけ、

日本って観光用にカジノ施設って必要なのか?

て、改めて考えちゃう。

いや、カジノに反対じゃなくて、既存の公営ギャンブルがあるんだから、それを有効活用したほうがいいんじゃないか?って話。

カジノを作るとなると、当然、設備はもちろん、ノウハウや人材と言ったものも必要になってくる。
それらを育てて採算ラインに乗るまでの時間や手間を考えると・・・・・

もちろん公営ギャンブル、パチンコなどのノウハウもうまく取り入れると、案外上手くやれるのでは?ってイメージもあるんだけどね。

しかし公営ギャンブルインターネット投票だけだったら味気ないでしょ。
それこそ、AIに任せればって話で。
いや、実際にAI使って運用しているグループがいてもおかしくはない(w

って2013年にこんなニュースが

認められた「馬券のプロ」 競馬払戻金課税で判決

そりゃハズレ馬券が経費として認められなくなると、大口の馬券購入客が減って主催者に入るお金も減る。
ひいては国庫に入るお金も減る。

しかし財務省ってのは、薄利多売、損して得を取るって発想ってないんだなぁ。
むしろ得しようとして損を取る、でも責任は取らない!!(`・ω・´)キリッ

こういうばんえい競馬にも、馬券のプロがネットで大量に買って運用していると思うと・・・・・

なんか萎えるが、感謝せないけないのかもしれない。

その裏側で

負けてもなー、大穴取れば取り戻せるんや!!

吠えている人間がいると思うと・・・・・

公営ギャンブルにも仕手戦が現れる時代がやってきたりして・・・・・

|

« ソースとんこつだと!? | トップページ | さようなら東風荘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネット投票は公営ギャンブルを救うのか?:

« ソースとんこつだと!? | トップページ | さようなら東風荘 »