« 千代田線だけど丸の内!? | トップページ | 虫にやさしい会社、厳しい会社 »

2017年12月18日 (月)

CDプレーヤーまだまだ現役説。

えっ、CDプレーヤーが売れている? エスキュービズムの戦略が面白い

記事の中のCDプレーヤーの1号機(16万8000円)が衝撃的。
当時でも月給1.5か月分が吹っ飛んで今うイメージ。

てかソフト(音楽CD)自体が市場にまだ出回ってない頃だっただろうしね。
LPレコード全盛期の時代。

しかし枯れた技術の水平思考
高齢者だけじゃなく若者も勉強のためにCDと使うとは、まあ盲点と言えば盲点。

記事の中の

いまのノートPCでCDドライブ付きのモノって少なくなりましたよね。

ってそうなのか。
確かに、ネットやUSBメモリでソフトはインストール可能だしな・・・・・

このプレーヤー買って、中古CDでお気に入りのCD探せば、そこそこ幸せな音楽ライフを楽しめそう。

だが、持ち歩きは、やっぱりメモリタイプの音楽プレーヤーの方が何かと便利かな。

同様の理由でカセットテープも、何気にまだ需要があったりするしね。

DATとかMDとかDCCとか、夢に溢れていたオーディオメディアが残念な事に・・・・・orz

|

« 千代田線だけど丸の内!? | トップページ | 虫にやさしい会社、厳しい会社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CDプレーヤーまだまだ現役説。:

« 千代田線だけど丸の内!? | トップページ | 虫にやさしい会社、厳しい会社 »