« 肉ばっかり食べてると・・・・・ | トップページ | 2017年最悪パスワードワースト100!! »

2017年12月22日 (金)

Lは特急

「エル特急」消滅へ 国鉄の面影がまたひとつ、役割薄れひっそりと

エル特急とは?

特急の大衆化の大義名分の元、大半の急行を特急に格上げすることで、急行券じゃなく特急券を乗客に買わせる事で国鉄の収入増加に・・・・・

ゲフンゲフン

まあ、たしかにそういう側面もなくはないとも言えないが。

・自由席を設けるなどして気軽に利用しやすいようにする。
・また、本数も増やして利便性を高める。
・さらに、パターンダイヤを導入しして(毎時1時間、あるいは30分)、時刻表がなくても利用しやすいようにする。

などの功績のほうがでかいと思うな。

だからL特急LLiner(定期便)の意味合いが強かったのかもね。

ココらへんは、色々あった国鉄も、親方日の丸役所体質の国鉄も、頑張ってサービス向上に努めてたんだよなぁ。

特急の愛称を図案化してヘッドマークなんかも設けたしね。

まあ、日本の場合、電車やディーゼルカーなどの動力分散方式による列車の運行が主流なり、柔軟性が取れた列車運用が可能になったのもエル特急というサービス体系が生まれた背景にあるのかもね。

これが、もしも機関車などの動力集中方式の特急列車がが幅を利かせていたら・・・・・
エル特急は生まれていなかった=特急が大衆化することはなかった=バスや航空機に客を取られ、国鉄はますますひどいことになっていた可能性があるかもしれない。

優等列車を利用するのに利便性が上がったことが、エル特急最大の功績かもね。

|

« 肉ばっかり食べてると・・・・・ | トップページ | 2017年最悪パスワードワースト100!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lは特急:

« 肉ばっかり食べてると・・・・・ | トップページ | 2017年最悪パスワードワースト100!! »