« 虫にやさしい会社、厳しい会社 | トップページ | 肉ばっかり食べてると・・・・・ »

2017年12月20日 (水)

都>道>府>県?

「都」「道」「府」「県」って何が違うの?

戦時中に東京市東京府が合体してできた地方自治体が東京都
北海道は、広いので古代日本の律令制の行政区画、五畿七道から北海道を新たに増やして五畿八道にしたイメージ。

昔は蝦夷地って読んでたが、って文字がやっぱり忌み嫌われたのだろう。
だからいわゆる日本列島を形成する北にある大きな島は、北海道と呼ぶのが通例になっている。

しかし記事の中の

明治元年(1868年)、政府はかつての幕府の直轄地であった地域のうち、重要な地域を「府」、それ以外を「県」と定めました。

つまり、府>県というわけか。

幕府の直轄地であった地域のうち、重要な地域=遠国奉行が置かれていた地域っぽいね。

つまり、いわゆる藩だった地域、あるいは天領だった地域になって、幕府が代官じゃなく奉行をおいてより重点的に支配していた地域になったということみたいだね。

しかし大阪都構想に関しても触れているが、大阪都構想って東大阪など大阪市以外の地方自治体も巻き込もうとしているから紛糾しているような気が・・・・・
素直に大阪市だけを吸収して、現行の24区を2/3ぐらいに整理するのが落とし所なんじゃないかと、勝手なことを言ってみる。(ぉぃ

|

« 虫にやさしい会社、厳しい会社 | トップページ | 肉ばっかり食べてると・・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都>道>府>県?:

« 虫にやさしい会社、厳しい会社 | トップページ | 肉ばっかり食べてると・・・・・ »