« マクラーレン・セナ | トップページ | トランプ万能説 »

2017年12月15日 (金)

ジャッキー・チェンこそが世界三大喜劇王の正当な後継者?

ジャッキー・チェンこそが世界三大喜劇王の正当な後継者である理由

まあ30年前ならそう言えたかもしれないが、今のジャッキー・チェン世界三大喜劇王の正当な後継者であるといえば・・・・・

てかプロジェクトA1983年公開の映画だし。
って下手すりゃ35年前じゃん。

カンフー映画、アクション映画コメディ映画素敵な融合って感じがしないでもないが、香港のコメディ映画に関しては、やはりMr.Boo!ミスター・ブーの成功が大きかったんじゃないかと。

良くも悪くも中国返還前のエネルギッシュな部分が濃縮されている痛快エンタテイメント。
そこで培ったコメディ演出のノウハウが、80年代の香港映画で遺憾なく生かされた感があるなぁ。

もちろん、ジャッキー・チェンサモ・ハン・キンポースタント技術に負うところも大きいが。

日本じゃなぜか、この手のアクションコメディ映画って少ないような気が・・・・・
大体は人情喜劇映画になりがち。
日本の殺陣アクションの技術でも、コメディ映画は作れると思うんだけどなぁ。

強いて言えば、黒澤映画(七人の侍)とかでコメディシーン入れたりなんかしているが、本筋ではないしね。

ぱっと思いつくのは、超高速!参勤交代シリーズぐらいかな。

あれは見事に時代劇とアクションとコメディが旨く噛み合った痛快な娯楽映画だった。

邦画こういう作品が増えてくれが盛り上がるのだが・・・・・

基本、

真面目か!!

って映画が多すぎる・・・・・

|

« マクラーレン・セナ | トップページ | トランプ万能説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャッキー・チェンこそが世界三大喜劇王の正当な後継者?:

« マクラーレン・セナ | トップページ | トランプ万能説 »