« 近鉄名阪特急新時代へ・・・・・ | トップページ | アレンジャーという仕事は凄い »

2018年1月18日 (木)

使用ソフトの統一が働き方改革になるのか?

『一太郎』利用の農水省が『Word』に完全移行へ 「働き方改革の一環」報道にネットでツッコミ殺到

官公庁だからね。
国産ソフトである一太郎を使っているなんてよくある話だとは思うが。

まあね、他のソフトとの連携を考えるとねー。

Excelと一太郎の組み合わせってあんまり聞かない。

てか、Excelあれば、なんとかなっちゃう説。

でも、文章を書くだけだったら、極端な話、メモ帳でも良いのでは?

txt形式のファイルで文章を書いて、レイアウト、装飾、校正、印刷など仕上げの部分だけワープロソフトを利用する。

俺なんか、結構、こういう方法使っているけどね。

txt形式のデータのほうが加工しやすいんだからねー。
なにもバイナリ要素が加わってしまう各ワープロソフトのファイル形式で保存しなくてもいいと思うのだが・・・・・

まあ、役所毎に指定されたファイル形式が違う、ソフトが違う、互換性がない。
それらを各役所毎に指定されたファイル形式に合わせてあげるってのは、たしかに無駄な仕事のようにも思えるが。

そもそも

Wordですら、最新Verを使っている企業、どれだけあるか疑問説。

だしね。

|

« 近鉄名阪特急新時代へ・・・・・ | トップページ | アレンジャーという仕事は凄い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 使用ソフトの統一が働き方改革になるのか?:

« 近鉄名阪特急新時代へ・・・・・ | トップページ | アレンジャーという仕事は凄い »