« 力技脱出ゲーム!? | トップページ | 使用ソフトの統一が働き方改革になるのか? »

2018年1月17日 (水)

近鉄名阪特急新時代へ・・・・・

近鉄、名阪特急に新型車両 2020年春に運行開始

現行のアーバンライナーplus近鉄21000系6両編成11本増結用2両3本72両
アーバンライナーnext近鉄21020系6両編成2本12両

で、新型名阪特急6両編成8編成8両編成3編成新造

という事は、アーバンライナーplusがそっくり新型名阪特急に入れ替わる算段か。

アーバンライナーplusはどうなる?
運行開始から30年近くになるから、流石に廃車か?
ACE近鉄22000系もあるからね。

あるいは地方に中小私鉄に払い下げられるか。
近鉄の歴史を変えたともいえる名阪特急アーバンライナーだけに、1両ぐらいは保存しても良いような気もするが、うーん保存する場所もないだろうしなぁ。

死して屍拾う者なし・・・・・

って別に隠密同心でもないしな(w
毎日、堂々と近鉄の看板電車として名阪間を走っているし。

大江戸捜査網ならぬ大近畿鉄道網って気はしないでもしない。

ただ名阪まる得きっぷ廃止されたし、新幹線と同じくチケットレスサービスがあるものの、うーんイマイチピンとこないし、なにより、近鉄名阪特急1h/2本に対して、新幹線のぞみを除いても1h/3本
のぞみも入れたら、そらもう・・・・・
待たずに乗れるチート運転本数だしねー。

難波に直通という立地条件と、新幹線のグリーン車を上回る車内設備にも関わらずコスパのいいデラックスカー

ここら辺をどう顧客にアピールできるかが勝負っぽいな。

|

« 力技脱出ゲーム!? | トップページ | 使用ソフトの統一が働き方改革になるのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近鉄名阪特急新時代へ・・・・・:

« 力技脱出ゲーム!? | トップページ | 使用ソフトの統一が働き方改革になるのか? »