« 使用ソフトの統一が働き方改革になるのか? | トップページ | 配膳ロボットは飲食店を救うか!? »

2018年1月19日 (金)

アレンジャーという仕事は凄い

【衝撃】機動戦士Zガンダムの主題歌には原曲が存在する / 男性歌手ニール・セダカ氏が歌う楽曲

これは知らんかった!!

しかし、Ζ・刻をこえての原曲となるBETTER DAYS ARE COMINGを聞いてみたが・・・・・

うーん、渋い(w

ちょっとラテンぽい要素もあり、AORを感じさせるアレンジになっている。

Ζ・刻をこえてが、バリバリの80代シンセロック風アレンジなのとは対象的。

特に、ラテンリズムのピアノパートをシンセに変えるだけでこうもイメージが変わるとは・・・・・

うーん、編曲のお仕事って凄いね。

Bad And Beautifulもピアノパートを中心として久保田早紀異邦人原田真二タイムトラベルに通じるニューミュージックの雰囲気がするのだが、星空のBelieveは、やはりシンセを中心としたアレンジで、アップテンポな曲調になっていてイメージがガラリと変わっているのが印象的。

これ、こっそり引用してもバレなかったのでは・・・・・

ゲフンゲフン!!

まあ、実際にメロディ引用してて、あとからちゃんと正式なカバーになった80年代ヒット曲もあるしね。

てか、メロディに、ちゃんと詞を乗せて、ちゃんとアレンジして、一つの作品として仕上げているところにプロの仕事って感じがするな。

|

« 使用ソフトの統一が働き方改革になるのか? | トップページ | 配膳ロボットは飲食店を救うか!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アレンジャーという仕事は凄い:

« 使用ソフトの統一が働き方改革になるのか? | トップページ | 配膳ロボットは飲食店を救うか!? »