« HONDAと三菱 | トップページ | マクドナルド攻めの姿勢 »

2018年2月25日 (日)

されど満員電車内のヒエラルキー

同じ電車賃で容赦なく起こるランク分け……! “死”を感じた漫画家が描いた「満員電車内のヒエラルキー」に納得

やっぱ角の座席は神ポジションなのか。
肘掛けあるし、ポールにもたれることできるし。
門番(ドアの脇)もドアや座席ポールにもたれることできるし、立ち位置としては悪くはない。
ただし、乗降客の多い駅では配慮が必要。

ドア付近の中団にポジショニング取らざるとえんと、乗降客の流れの影響をもろに受けるから辛い。

なら、奥の方にポジションを取るのが吉。

あと、壁にもたれる事ができるという意味では車両の端っこも悪いポジションじゃないんだよね。
ドア側と違って、乗降客の流れの影響も受けにくいし。

車両連結部は・・・・・

流石に、大の大人がそこにいるのを見たことがない(w

あと記事の中に

満員でも座れると優雅に小型のノートPCを広げて仕事をする、なんて意識の高い行動も可能になります。ここではまさにエリートソルジャーと言えるでしょう。

と書いているが、真のエリートソルジャーグリーン車利用でしょう。
(ただし関東圏JRのみ)

あるいは着席前提のホームライナーとか、最近走り出した指定席の通勤電車とかね。

モノクラス制に移行する前の等級制では通勤電車でも一等、旧二等車利用するエリートサラリーマンお嬢様女学生が多かったとか。

うーん、通勤電車にも再び戦後民主主義的平等主義価値観から格差社会価値観へと回帰していってるのかもしれん。

|

« HONDAと三菱 | トップページ | マクドナルド攻めの姿勢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: されど満員電車内のヒエラルキー:

« HONDAと三菱 | トップページ | マクドナルド攻めの姿勢 »