« 昭和すぎるスーパーカー自転車の世界!! | トップページ | くっつかない事は素晴らしい!! »

2018年3月31日 (土)

東京メトロ2000系

かわいい顔の先頭車 東京メトロ 丸ノ内線に30年ぶりの新型車両「2000系」が登場

銀座線の東京メトロ1000系といい、新しい丸ノ内線の東京メトロ2000系といいラッピングとはいえ、ちゃんと色を付けているところに、というか心意気を感じるな。

ステンレス塗装、アルミ塗装に逃げなかったのは偉いと思う。

色を全面に出すことで伝統の赤色とサインウェーブのカラーを印象付けて、さらに親しみある丸ノ内線をアピールしようとする一方、最寄りの駅まで移動できる非常走行用バッテリー片軸操舵台車CBTC(無線式列車制御システム)などの最新技術を取り入れている。

うーん、長らく帝都高速度交通営団という特殊法人だったが、元を正せば東京地下鉄道東京高速鉄道という純粋な民間鉄道事業者だったという事を世間に知らしめるような攻めの車両だなあ。←東京メトロ2000系

となると、他の路線のカラーもどうなるのか?

もともとステンレス車両で、ラインカラーがシルバー日比谷線はともかく、東西線、千代田線、有楽町線、副都心線、半蔵門線、南北線はどうなると言った感じだなぁ。

東西線は開業当時から青のラインが入ったステンレス車両だし。
千代田線、有楽町線、半蔵門線も同じ感じ。
副都心線、南北線は・・・・・と思ったが、ここも同じような感じなんだよねぇ。

これらの路線は、他の私鉄、JRにも乗り入れるから、個性を出しすぎると、違和感でちゃうしなぁ。
そこら辺の個性を出すバランスが難しいかも知んない。

|

« 昭和すぎるスーパーカー自転車の世界!! | トップページ | くっつかない事は素晴らしい!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京メトロ2000系:

« 昭和すぎるスーパーカー自転車の世界!! | トップページ | くっつかない事は素晴らしい!! »