« 中古CDがある限りCDプレイヤー無くならない説。 | トップページ | 関西民、なかなか伊豆半島に行きにくい説。 »

2018年3月20日 (火)

フロッピーディスクまだまだ現役説。

フロッピーディスクは現役? 100円均一ショップ『ダイソー』で発見したユーザーに「古い電子ピアノで使う」「役所関係では今でもフロッピーが主役」の声

てか、フロッピーディスクはドライブがまだ生産されているのか?
って疑問が残るのだが。

役所関係では今でもフロッピーが主役って事は、役所用に細々と生産が続けられているんだろうな。
PCメーカーも役所用にFDDを搭載したモデルを出していると。

「古い電子ピアノで使う」、「工業ミシンで今も現役で使用している」なんて声もあるみたいだが、そういえば工業用機器とかは、フロッピーディスクでデータ読み取る機械がまだあるからなぁ。

しかし地味に2HDフォーマットってのも懐かしすぎるぞ(w

容量が1.44MB。

今時、1.44MBだったら、あまりにも容量なさすぎ(w

でもMS-DOS時代は、文字ベータベースで、これだけあれば個人用としては十分な容量だったからねー。

初代iMacが発売されたとき、CD-ROMドライブだけでFDDがなくて大丈夫なのか?
15年前にTOSHIBAのノートパソコンを買った時ににFDDがなくて大丈夫なのか?

と心配したが、今や大容量USBメモリもあれば、SDカードもある、クラウドドライブサービスもある時代だからね・・・・・

|

« 中古CDがある限りCDプレイヤー無くならない説。 | トップページ | 関西民、なかなか伊豆半島に行きにくい説。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フロッピーディスクまだまだ現役説。:

« 中古CDがある限りCDプレイヤー無くならない説。 | トップページ | 関西民、なかなか伊豆半島に行きにくい説。 »