« 最初に都道府県を獲るなら・・・・・ | トップページ | 16号車の一番良い席 »

2018年3月23日 (金)

場末の喫茶店のイタリアンが食べたい!!

日本で生まれたナポリタン、その起源を知っていますか?

スパゲッティ版焼きそばって気もするが・・・・・
ソース焼きそばならぬ、ケチャップ焼きスパゲッティ

それでも、一時ナポリタンにハマっていたからなぁ。

ミートソースだと何故か物足りない。
タバスコとパルメザンチーズをよく効かせたナポリタンをよく食べていた時期がある。

しかし、ホテルニューグランドナポリタンは、ケチャップではなくトマトの粗切り、トマトホール、トマトペーストを使用し、ニンニクとタマネギ、ローリエとたっぷりのオリーブオイルを使っているところに、なんか料理人の意地というか、イタリアに持っていっても恥ずかしくないような料理方法をしているような気がする。

でもなー、場末の喫茶店で出てくるようなバターでスパゲッティを炒めて、玉ねぎ、ピーマン、魚肉ソーセージorプレスハムを混ぜて、ケチャップで味付けするナポリタンも捨てがたいんだよなぁ。

昭和の哀愁が漂うと言うか。
考えてみれば、ナポリタンスパゲッティお米に変えると、チキンライスとも言えなくない。
それに薄焼きしたタマゴを掛ければ、素晴らしき日本の洋食文化の薫りが!!

そういえばオムソバなんてものもあるしね。

アルデンテの食感も悪くないが、極東で生み出された茹でたスパゲッティを炒めるという発想も悪くないと思うのだが。
うーん、やっぱイタリアでは受け入れられないのだろうか・・・・・

まあ、ピザイタリアアメリカじゃあ全然違うというしね。

|

« 最初に都道府県を獲るなら・・・・・ | トップページ | 16号車の一番良い席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 場末の喫茶店のイタリアンが食べたい!!:

« 最初に都道府県を獲るなら・・・・・ | トップページ | 16号車の一番良い席 »