« 博多、中洲、天神、無人バス運行導入するには一番うってつけ説。 | トップページ | ぬ〜ぼ〜といえば、あの人の影が・・・・・ »

2018年3月 1日 (木)

気楽に行こう

「完璧主義」は危険であると科学者が指摘

たしかに完璧にこだわること自体、一種の強迫観念だからね・・・・・

しかし健全な完璧主義者不健全な完璧主義者なんて初めて聞いた。

高い意欲を持って目標に向かい、さらに一定以上の無理はしないのが健全な完璧主義者
ベストを尽くしてもなお内容に満足していないことが多いのが不健全な完璧主義者

だとか。

記事によれば

「才能がある」とされた学生が「健全な完璧主義」である一方、圧倒的大多数の「才能がない」グループの学生は「不健全な完璧主義」である傾向が強い

って典型的、自然に頭が良い奴と、ガリ勉タイプの対比に思えてしかたがない。

まあ、どんだけ努力しても、生まれ持ったポテンシャルってもんがあるからね。
排気量の大きいクルマでスピード出し続けるのと、軽自動車程度のクルマでスピード出し続けるのでは、後者の方がエンジントラブル抱える可能性が高いしね。

結局、無理して自滅したら何の意味もないし、そういうところはやっぱ、これもなのかもしれん。

しかし、記事の中の

 

不安と抑うつに対する、最も強力な手段は『自分にやさしくする』

でも人によっては、はそれを

甘え

という・・・・・

他人にとことん厳しく、自分にとことん甘い人間が最凶だな(w

|

« 博多、中洲、天神、無人バス運行導入するには一番うってつけ説。 | トップページ | ぬ〜ぼ〜といえば、あの人の影が・・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気楽に行こう:

« 博多、中洲、天神、無人バス運行導入するには一番うってつけ説。 | トップページ | ぬ〜ぼ〜といえば、あの人の影が・・・・・ »