« 阿笠博士最強説。 | トップページ | たかが自由席、されど自由席 »

2018年4月30日 (月)

関西民と小田急

歴代ロマンスカー大集結 小田急が初の「ロマンスカーミュージアム」、海老名駅開発地区に2021年開業

関西民には小田急はあんまりピンとこない・・・・・
そういや、まだ乗ったことのない関東私鉄の内の一つだしね。

新宿から横浜などを経由せずに、川崎の北の方をかすめて相模のど真ん中を通って小田原までたどり着くイメージ。
町田、海老名、厚木とか経由するから東名高速道路沿いに線路があるのかな?と思いきや若干、北寄りのルートを取っているのか。

町田からは一気に南下する江ノ島線も。

基本、私鉄って都市間輸送で成り立っているというイメージだが、小田急に関してはそういうイメージわかんなぁ。
東京~小田原は都市間と言えば都市間だが、ちょっと距離が離れている。
むしろ、途中の町、村、集落が、一大ベッドタウンに発展したイメージだな。

で、ロマンスカーに乗って新宿から箱根湯本に行ったら片道2280円か。
向こうのお宿はプライスレス

3年前に大涌谷の火山性地震騒ぎなどもあったが、インバウンド効果もあり、箱根で泊まるのはどこの宿も強気の値段のイメージ・・・・・

と思いきや、ググってみるとそれなりのお値段で出てたりする。

公衆浴場なんかもあるし、うーん一度入湯してみたいなぁ。

6月とかアジサイもきれいで、箱根登山鉄道から見る景色もきれいそうだ。

|

« 阿笠博士最強説。 | トップページ | たかが自由席、されど自由席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関西民と小田急:

« 阿笠博士最強説。 | トップページ | たかが自由席、されど自由席 »