« 関西民と小田急 | トップページ | 紙は凄い!! »

2018年5月 1日 (火)

たかが自由席、されど自由席

新幹線の「自由席に座れる確率」を上げるには? 並ぶ車両、選ぶ席の正しい決め方

東海道新幹線の場合、始発駅(東京 or 新大阪)なら、かなりの確率で自由席は確保できるイメージ。

まあひかりなら5両も自由席あるしね。
時間ものぞみとの差が30分違いなら誤差の範囲でしょう。

流石にこだまになるとなぁ・・・・・(w
のぞみとの差が1時間半では・・・・・

来た電車に飛びのって自由席確保できるんならありかもしれないが。
律儀に待って、こだまの自由席を確保するはねーな(w

しかし100人と一番座席が多い2号車が狙いめって。
みんな知っていたら、2号車に並ぶからなぁ(w
このあたりが列の込具合なんかも考え、臨機応変って感じだな。

ちなみに神戸民が東京に行く場合は、大抵は新神戸乗るから、新神戸〜新大阪は立席でも、新大阪でかなりの客が降りるので、かなりの確率で座れることができる。
まあ、新大阪〜名古屋ぐらいなら立席でも我慢できるが(w
最悪、新大阪で座れなくても名古屋チャンスが残っている。
そこを逃すと地獄説(w
まあ、運が悪いと思って諦めるしかない。

A~E席どれを選ぶべきか?は、まあ窓際が鉄板
コンセント使えるしね。
景色を見るなら富士山が見えるE側ってのは納得。
ただ余裕あるスペースを狙うなら実はA席が狙いめ。
記事にも書いているようにB席は最後に埋まるからね。
山陽新幹線だと、B席が埋まることは、感覚的に50%ぐらい。
しかもA席は海側でトンネルが多いとはいえ、瀬戸内海の景色見れるポイントもあるから、選ぶならE席よりA席っていうのが、最近の僕の定跡かな?

優先度E→A→C→B→Dって順。
DよりBの優先度が高いのはB席は微妙にシート幅が広いからね。
ならB席取っちゃってって感覚。

まあ、ここらへん個人差はあるかもしれないが、自由席だと、座れただけでも御の字っていう心境。

|

« 関西民と小田急 | トップページ | 紙は凄い!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たかが自由席、されど自由席:

« 関西民と小田急 | トップページ | 紙は凄い!! »