« 未来の貨幣経済は・・・・・ | トップページ | 人間は浮く »

2018年5月20日 (日)

怖い話が上手い人とは?

“今もっとも恐い話を語る者”を決める!! ジャンルレスな恐い話チャンピオンシップ『OKOWA』開催[ホラー通信]

怖がらすって、ようは・・・・

人を不安状態に陥れる。
そして、緊張した状態に持っていく。
それを、なにかのきっかけで爆発させる。

って感じはするなぁ。

不安状態ってのは、まあ見えなくしたり聞けなくしたり。
だから怪談話は、暗いところでやるわけで。

明るく陽気に始めても、怖がらない。

緊張した状態ってのは、不安状態にして、人がその不安に対して構える状態に持っていくことかな?
いわゆる人間の本能的な防御態勢

それを、なにかのきっかけで爆発させるってのはアレだ。

よくタモリがそういう状況で

ワー!!

と脅かすあれ。

緊張状態に陥っている人間にショックを与えて爆発させる。

ただ爆発させちゃうと、怖い状態ってのは終わっちゃうんだよね。

そこで人を不安状態に陥れる、そして緊張した状態を延々を続けさせる。

これがいわゆる後味の悪いっていうパターンだ。

怖いという状態の爆発は起こってない。
しかし、その恐怖という状態は延々と続いている
つまり、それは人に対して延々とストレスを与え続けている
そうして溜まりに溜まった恐怖を爆発させると・・・・・・

まあ、よく言えば芸、技

悪く言えば詐欺師、ペテン師のテクニックだよなぁ・・・・・

こういうので優劣を測るのは難しい。
人の話に影響を受けやすい人間は怖がりやすいだろうし、影響受けにくい人間は怖がらないだろうし。

意外と奥の深い世界なのかもしれないなぁ。

|

« 未来の貨幣経済は・・・・・ | トップページ | 人間は浮く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怖い話が上手い人とは?:

« 未来の貨幣経済は・・・・・ | トップページ | 人間は浮く »