« ボードゲームあるある | トップページ | この手の傘は風に弱すぎ »

2018年6月24日 (日)

技術は進んでも天の恵みがあっての農業

やっぱクボタさんスゲぇ!! 「自動運転コンバイン」発売、農の未来を担う何とも凜とした姿よ

便利そうだが・・・・・

でもお高いんでしょう?

価格は1570万円(税別)から・・・・・

うーん、個人農家で導入できるのか?
となると、やっぱり組合で一括購入的な事を想像してしまうなぁ。
一括購入じゃなくてもリースとか?

まあ10年経っても中古で使えるとなれば、中古市場に出回るからねぇ。
なんなら、中古を海外に輸出して使うって手もあるが・・・・・

農業器具の中古を輸出するのは難しいか?
衛生的な問題もあるし、器具が海外の土地柄に適しているか?って問題もあるしねぇ。

いずれ大資本が投入されて、こういった無人機器による農作業が可能な時代になっても、災害リスクもあるし、農業ってのは大変な産業って事には変わりないと思う。

それこそ、天に祈って災害が起きず、農産物が無事、成長する事を祈るのみ。

そりゃ未来には天候も自由に調整できる、あるいは気候などを完全にコントロールできるプラント型農場が出来るかもしれんが・・・・・

不測の事態が起きることを考えると、本当に神のみぞ知るの世界だ。

やっぱ天の恵みには感謝せなあかんね。

|

« ボードゲームあるある | トップページ | この手の傘は風に弱すぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 技術は進んでも天の恵みがあっての農業:

« ボードゲームあるある | トップページ | この手の傘は風に弱すぎ »