« ジェット燃料と灯油と軽油 | トップページ | 線路を走るトラック!? »

2018年6月 3日 (日)

おもちゃのクルマに本物のエンジンを載っけてみた

時速100キロ超え おもちゃのクルマに本物のエンジンを積んだ改造キッズカーが大爆走

またイカれた野郎が作っちゃったか。
でも、おもちゃのクルマ時速100キロ超えって、体感速度はF1に迫るものがあるだろうな。

ホンダのバイクの230ccのエンジンを搭載したとのことだが、この手の改造する時、やっぱり一番、気になるのはシャシーの強度をどうやって確保しているか?

多分、おもちゃのクルマに単純にエンジンを載っけただけじゃ、多分、走行中にシャシーが持たず分解してしまう可能性もあるしな。

記事や動画を見る限りでは、中古のカートのシャーシーをベースにしてエンジン載っけて、フォード・マスタングベースのおもちゃのクルマに仕立てたみたいだね。

スピンターンやドリフトなんて朝飯前。って記事には書いているが、ドライバーの位置が高いし、ホイルベースも短いし、タイヤ径も小さいから、すごい不安定な感じがするんだが(w

しかし、これ、アメリカの公道は走れるのだろうか?
日本は、道交法や車検の問題があるから、絶対に無理っぽい感じがするが。

|

« ジェット燃料と灯油と軽油 | トップページ | 線路を走るトラック!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おもちゃのクルマに本物のエンジンを載っけてみた:

« ジェット燃料と灯油と軽油 | トップページ | 線路を走るトラック!? »