« 飾りじゃないのよタコは | トップページ | デカけりゃ良いってもんじゃない!! »

2018年6月15日 (金)

運動会とトラウマ

運動会「今なら苦情モノ?」な演目を大人世代に聞いた

小学校で食い物、飲み物扱った種目はなかったな(w

障害物競争ラムネ(瓶)の早飲みや、粉の中の飴探しって、アイドル大運動会の世界じゃん!!

町内を回ってくるかけっこというか、マラソンってのもなぁ・・・・・
たしか漫画などでは、小学校の町内マラソン大会ネタあるあるだが。
まあ、警備なんかの問題があるから、今も昔も校区の人が一体となって協力してくれないと、まず無理だと思う。

棒倒しはあったが借り物競争はなかったなぁ。

かけっこみたいな競技は、純粋に走力がモノをいうから正直苦手だったが、障害物競争とかなら、頭の良さ走力以外での運動神経を生かせるから嫌いじゃなかったな。

だから帽子取りとか、大玉ころがし大玉はこびみたいな種目の方に全力を注いた記憶が(w

全ての競技の秀でている人は稀。
でも、これなら得意、これならそこそこ活躍できるのでは?

自分の居場所というか活躍できる場面を見つける、あるいは見つけてあげるのも運動会の重要な役割だと思います。

別にかけっこが苦手でビリでも、それだけが人生の全てじゃない。
第一、ビリと言っても、それは相対的なものであって絶対的なものではない
ビリだったけど、その組のレベルが高くて、全体的に見ると、かけっこが早い部類に入るかもしれない。

そういうことを考えずに、安易に一番になれ!!という親が一番悪いんだと思います、ハイ。

そうやって子供にトラウマを与えていく・・・・・

|

« 飾りじゃないのよタコは | トップページ | デカけりゃ良いってもんじゃない!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運動会とトラウマ:

« 飾りじゃないのよタコは | トップページ | デカけりゃ良いってもんじゃない!! »