« 人生ゲームの日本チャンピオンになってベガスに行こう!! | トップページ | 弱点はどんなクルマにもある。 »

2018年7月13日 (金)

1993年のJリーグ

カズダンス、ミサンガ、Jリーグカレー……日本が空前の「Jリーグブーム」だった頃のこと

93年~94年頃のJリーグって明らかに、日本のプロ野球を意識した感じのビジネスモデルを狙ってた節がある。

それがゴールデンタイムでのJリーグ中継であり、ヴェルディ川崎に主力選手が日本のサッカー界を代表する集中して読売ヴェルディの相性で呼ばれる事を望み、Jリーグ界の巨人を目指していたが・・・・・

まあ、川淵チェアマンがそれを許さなかったっていう印象。

ドーハの悲劇よりも、個人的にはカズが当時セリエAのジェノアCFCに移籍したことが大きかったんじゃね?

あれで、多くのファンはもちろん、選手国内リーグよりも海外に目が向いたって感じがする。
もちろん、その背景にはドーハでの敗退で、大きな海外との差を感じて、日本のサッカー全体のレベルを向上させるには、海外に出てプレーするしかないという意識が働いたのかもしれない。

それらの要素が重なって、日本のプロ野球みたいに特定の球団を軸として国内リーグを盛り上げていくといったビジネスモデルは破綻したってのが、個人的見解かな。

結果、ライトなファンは日本代表試合に感情移入して見るようになった。
一方、Jリーグは熱心なファンが見る一方、良い意味でファンとの距離が短い、地域に根付いた盛り上げ方をしているってイメージだな。

なにもテレビ中継だけが全てじゃない。
てかテレビで見ることを前提としているからスポーツって歪んだものになっているんじゃね?

といいつつ、Jリーグの試合は生で観にいった事ないんだよなぁ。(笑)
スポーツ実際にやってみることが一番魅力を感じれるんだと思うが、それが出来ないのなら、せめて生で見ないとね。

意外と試合以外の楽しみもあるかも知れない。

|

« 人生ゲームの日本チャンピオンになってベガスに行こう!! | トップページ | 弱点はどんなクルマにもある。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105515/66916562

この記事へのトラックバック一覧です: 1993年のJリーグ:

« 人生ゲームの日本チャンピオンになってベガスに行こう!! | トップページ | 弱点はどんなクルマにもある。 »