« 1993年のJリーグ | トップページ | スマート絆創膏 »

2018年7月14日 (土)

弱点はどんなクルマにもある。

冠水・浸水してしまったクルマに注意 「水が引いた後に発火する可能性も」「特にハイブリッド車/EVはむやみに触らないように」JAFが注意喚起

ハイブリッド車、EV車は冠水被害に弱いか・・・・・

ごくごく考えたら電気を使っているからあまりまえといえば、あたりまえなんだけどね。
冠水被害をあうのを前提に自動車買う人って少ないからなぁ。

裏を返せば、悪路な悪環境下での使用がある限りは、内燃機関乗用車は無くならないということか。

豪雨で多少冠水した道路でも走らないといけないケースもあるだろうし。
まあ、ひょっとしたら悪環境下でも走行可能な完全防水したハイブリッド車、EV車が登場するかもしれないが。

しかし、水没した車両ってどうなるんだろうか?
修理するにも、買い換える以上に修理代が掛かるイメージあるしね・・・・・

かと言ってねー、完全に廃棄するのももったいないし。
そこら辺、上手くリサイクルできるシステムができればいいのだが。

|

« 1993年のJリーグ | トップページ | スマート絆創膏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弱点はどんなクルマにもある。:

« 1993年のJリーグ | トップページ | スマート絆創膏 »