« 縁側と日本人 | トップページ | 欧州の水泳文化の衰退と復活 »

2018年8月16日 (木)

イカサマ上等!!

不正行為を推奨するも捕まると本当に手錠をかけられる「Monopoly Game:Cheaters Edition」を遊んでみました

ゲーム内容的にはルールを簡素化することによってスピードアップを図っているように思えるが、その一方で不正行為する&見破るという行動が追加されているから、結局ゲームのプレイに2時間掛かっちゃうという(w

ただイカサマをするリスク、イカサマを指摘するリスクを考えてプレイしないといけないから、これはモノポリーとは別ゲームになるような気もするなぁ。

場合によってはイカサマして指摘されてOUTになっても、罰金払って刑務所に行った方がリスクが少ないという局面もあるわけだしねぇ。

「Escape Artist(脱獄の名人)」という不正行為。なんて得なのか?って思ってしまうんだけど(w
序盤に50ドル払って素直に出るのと、相手に100ドル払うリスクを背負ってまで不正行為するメリットってそんなにないと思うのだが・・・・・
これが終盤になるとなおさら・・・・・

てか、イカサマカードの場に脱獄の名人がある為、もっとメリットが大きい不正行為のカードを出す為に、あえて不正行為にチャレンジする、相手もそれをあえて見逃すという状況が生まれそう・・・・・

という事で

結論:これで日本選手権、世界選手権を行うべき

やっぱり、販促の為にはやるべきっしょ!!
そして、そうすることでより、様々な高等テクニックが生まれていく・・・・・

いやー、実際、勝負どころで、よりメリットの大きいイカサマを仕掛けることが出来るか?、できないか?だと思うよ。
それはそれで、ガチの真剣勝負をすれば、今のモノポリーにはない、新たな面白さが生まれるかもしれない。

|

« 縁側と日本人 | トップページ | 欧州の水泳文化の衰退と復活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イカサマ上等!!:

« 縁側と日本人 | トップページ | 欧州の水泳文化の衰退と復活 »