« 夏休みの宿題は計画的に!? | トップページ | フォントに愛をこめて!? »

2018年8月30日 (木)

アプリソフトとしてのWindows 95!?

あの「Windows 95」がアプリとなって登場、Windows・macOS・Linuxで利用可能

OSじゃなくアプリってところがミソだな。
記事によれば

ワードパッドやMSペイント、マインスイーパーなど懐かしのソフトウェアが搭載されており、どれも期待通りに動作するとのこと。

3Dピンボールも動くのかな?

って画面見る限りでは、搭載してなさそう・・・・・(´・ω・`)

でも、Internet Explorerはページの読み込みができず、機能しない模様。ってところが、あくまでもOSじゃなくアプリって感じがするなぁ。

アプリのサイズはわずか129MBかなく・・・・・

129MBだけ!?と感じるか、129MBもあったのか!?と感じるかで、世代が分かる(w
もちろん後者(笑)

そういやフロッピーディスク版版のWindows95はフロッピーディスクが20枚以上入っていたからなぁ・・・・・
インストール完了するまで、フロッピーディスクを抜いては入れ、抜いては入れ・・・・・

今の時代だと

フロッピーディスクなにそれ、おいしいの?

ってレベルだし。

ネット接続前提で、ダウンロードしてプロダクトキー打ち込んでインストールする今と比べると隔世の感がする・・・・・

まあ、当時はまだインターネット常時接続LAN無線LANも一般化してなかったし、スマホもない時代。
辛うじてPDA端末が出回りだした頃かな?

たしかにWindows95のデスクトップ・・・・・というかMac OSのデスクトップが素晴らしい出来なんだろうけど、これだけタッチパネルが当たり前になると、そろそろタッチパネル使用を前提としたOSに変えたいところだが、まあWindows8.1がああなったからなぁ・・・・・

PCとタブレット端末の融合する日は来るのだろうか?

|

« 夏休みの宿題は計画的に!? | トップページ | フォントに愛をこめて!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アプリソフトとしてのWindows 95!?:

« 夏休みの宿題は計画的に!? | トップページ | フォントに愛をこめて!? »