« 道路標識って覚えるのに苦労した!? | トップページ | 2時間トイレ我慢できないと明石海峡大橋を徒歩で渡ることはできない!? »

2018年9月28日 (金)

平成のネット史と自己満足

ブログやSNSは“ネットの空気”をどう変えたのか? 平成最後の夏、「ネット老人会」中川淳一郎が振り返る

個人的には、パソコン通信(BBS)と、2ちゃんねる(現5ちゃんねる)に触れてないのがちょっと不満かな。

パソコンで「どうやら交流できるらしい」ってのはインターネット前パソコン通信時代からBBSSIGフォーラムでもあったわけで(全部ネット死語

この時代からハンドルネームと実名書き込みマナーの問題は存在したわけで。
それが普及して、規模が大きくなって、影響力が大きくなったってのが実情で、根っこの問題は30年前から存在していた。
ただ、今から考えると規模が本当に小さかったからね。

そこらへんを触れてないのは、中川淳一郎氏が当事者じゃない(パソコン通信などをやってない)からだと推測。

ただ、2ちゃんねる名無しでも投稿できるってのは画期的だった。
それ以前に、あやしいわーるどなどのアンダーグラウンドの匿名掲示板群は存在したわけだが。

匿名をいいことに無責任かつ自由に書き込みができる。
そのノリを他の掲示板にも持ち込んで、その感覚で書き込む。
で、最終的にはBlog、SNSにも、その感覚で書き込む。

で、それらのサイトは基本匿名じゃないから、炎上案件が発生する・・・・・

このBlogでも、何回も書いている事だが、この30年で大きく進化したことが、誰でも簡単に世界中を相手に情報を発信できるようになったという事だな。

逆に言えば、称賛される可能性もあるが、世間からフルボッコにあうリスクを抱えているのも事実。

きついのは、自分たちがやっている事が正しいと思い込んでいる事なんだよなぁ。

そこら辺は、mixiの踏み逃げ禁止LINEの既読スルーTwitterの無断RT禁止FF外から失礼しますなどの独善的な謎ルールに象徴される。

ぶっちゃけ、俺のBlogTwitterもそうだが、ある意味自己満足の世界だしね。

ネットで情報を発信するって自己満足なんだよ。
それに多くの人に共感してもらえるかもらえないか?、あるいは反発生むか生まないか?は別の話。

ネットで情報を発信する=自分は世の中に対して良い事をしている。
って発想が炎上案件を生むんじゃないかと・・・・・

とはいうものの、やっぱ褒められたい・・・・・(´・ω・`)
まあ、責められたいという性癖を持っている人もあるとは思うが(ぉぃ

そこは敢えて放置プレイ・・・・・(やめぃ

|

« 道路標識って覚えるのに苦労した!? | トップページ | 2時間トイレ我慢できないと明石海峡大橋を徒歩で渡ることはできない!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成のネット史と自己満足:

« 道路標識って覚えるのに苦労した!? | トップページ | 2時間トイレ我慢できないと明石海峡大橋を徒歩で渡ることはできない!? »