« 良心的なのか?、それとも・・・・・ | トップページ | 地道な作業の末にできたパックマン!! »

2018年10月24日 (水)

バーチャルモータースポーツの時代がやってきた!?

モータースポーツ協会がレースゲームを正式なモータースポーツと認める

以前にもネタにしていた が、公式に認められるとは!!

まあ、今のレースゲームソフトのクオリティは半端ないからね。
家庭用ゲームでもネットを介して不特定多数の人間と遠隔でレース対戦やっているって話だし。

バーチャルモータースポーツの一番のメリットは安全性かな?

だから限界まで攻めた走りをする事ができる。
一方、命を失うというリスクがなくなるから、その部分の心理的葛藤というものがなくなっちゃうんだろうなぁ・・・・・

で、前にも書いたが接触しても命のリスクがないからレース全体が荒くなる・・・・・

ならいっそ、エンタメ路線でチキチキマシン猛レースも真っ青なバトルロワイアル方式でもいいじゃね!?

マリオカートみたいに、各ドライバーは1つだけ勝負武器を持つことが出来て、相手ドライバーを妨害する事が出来る(w

クラッシュ、爆発したら、コクピットから炭酸ガスが噴射される演出にして。
その様子のプレイヤーをカメラが抜くと・・・・・

いや、これ十分にありなんじゃね!?

現実世界で出来ないことをバーチャル世界のアバターを使ってやるから、こういうことは意味があるわけで。

そういう演出をくわえると、eスポーツエンタテイメントとして成り立つと思うんだが。

格闘ゲームで負けた方に”ちょっとした罰”を与えるとか。
罰ゲームの執行人はもちろん、あの人で(w

|

« 良心的なのか?、それとも・・・・・ | トップページ | 地道な作業の末にできたパックマン!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バーチャルモータースポーツの時代がやってきた!?:

« 良心的なのか?、それとも・・・・・ | トップページ | 地道な作業の末にできたパックマン!! »