« 京阪神新快速Aシート導入へ!! | トップページ | GPS偽装アプリの使い道 »

2018年10月28日 (日)

コンビニの雑誌コーナーの後釜は!?

コンビニから消えゆく雑誌コーナー その理由は?

昔はコンビニの立ち読み客に防犯効果あるなんて説もあったが。

最近は立ち読みされては雑誌が売れないし、雑誌をシールで封すると立ち読み客いなくなるし、そもそも雑誌自体が売れなくなってきているし、防犯効果あるかどうかも謎だし、なにより貴重なスペース、もっと売れる商品を置きたい説の方が強いしね。

普通の書籍ならネットで購入してコンビニで受け取り支払いの方が効率いいしね。
雑誌とかもタレット端末などの電子書籍への移行も進んでるしね。

うーん、ますます雑誌コーナーがいらない子になりつつある・・・・・

ただ、かといってイートイン施設にするか?といえば、消費税の軽減税率問題考えると踏み切りにくい。

そうなるとレトルトのお惣菜とか、カット野菜、サラダなんかの日配食品関係に力入れそう。
ここら辺は個食需要中食需要が大きいからね。

しかし、そうなるとコンビニの店のつくりも変わってくるかもなぁ。
あの窓側から雑誌が見えるというコンビニの店のつくり過去の光景になるのかもしれん・・・・・

あ、その前に人員確保という最大の問題が・・・・・
無人営業とかできないものなのかなぁ・・・・・

|

« 京阪神新快速Aシート導入へ!! | トップページ | GPS偽装アプリの使い道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンビニの雑誌コーナーの後釜は!?:

« 京阪神新快速Aシート導入へ!! | トップページ | GPS偽装アプリの使い道 »