« 予防線を張る男 | トップページ | 信じないものが救われる!? »

2018年10月10日 (水)

真面目は素晴らしい

“まじめ”って損じゃない? まじめをやめたい漫画が投げかける疑問に共感の声

まあ、世の中一周回って真面目にやっている人間が評価されるようになってきていると思うけどね。
華がある、要領の良いだけの人間は評価されない。

裏を返せば、世の中、調子のいい人間を評価できる余裕がなくなりつつあるのかもしれん。

まあねー、上り調子の時代は、真面目だけじゃ次のステップにいけないという閉塞感があったのかもしれない。
経済大国になっても、やれエコノミックアニマルだの、言われていた時代だしね。

でもなー、真面目という土台があるから、華がある人間も輝けば、要領の良い人間もいるわけで。

てかさ、華とか要領の良さって後からでも付いてくるからね。

真面目というか、ちゃんとやるって事が、ダサい、カッコ悪い的見られ方して、上辺だけの華とか、中身のない要領の良さカッコいい、スマート的に見られてしまったのが最大の罪かもなぁ。

当たり前のことを当たり前にやるってのは簡単に見えて本当に難しい。

それができるるようになって、じゃあどうやって自分の色を出していくか?
あるいはもっと効率よくできるか?
を考えていくもんだと思うんだが。

それを、基礎ができてないのに先に自分の色を出そうとしたり、あるいは効率よくしようとしたりするからおかしくなるわけで。

真面目にやるって事はホント凄い事なんだよ。

大抵の人間は挫折しちゃう。
だから、真面目にできない人間は上辺だけの効率いい方法、自分の色を出してごまかそうとする。

それをまあ、ポジティブにとらえるだけなら百歩譲ってもいいとして、真面目にやっている人間をネガティブにディスってまで蔑まそうとするのは、本当にダメなんじゃね?

真面目にやってる人間はリスペクトすべき!!

|

« 予防線を張る男 | トップページ | 信じないものが救われる!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105515/67242807

この記事へのトラックバック一覧です: 真面目は素晴らしい:

« 予防線を張る男 | トップページ | 信じないものが救われる!? »