« 出る前に止まること考えるバカいるかよ!←考えないとダメなんだよ!! | トップページ | 真面目は素晴らしい »

2018年10月 9日 (火)

予防線を張る男

ゲームの主人公は本当に「絶対的な正義」なのか? 「MOTHER2/3」のポーキーが問う”善悪の彼岸”

記事の中の一文

RPGにおいて、主人公というのは圧倒的な正義である。

(゚Д゚)ハァ?

って感じなんだけどね。
ウィザードリィなんて、善と悪、中立立ち位置があるし。

実は、最近話題の「ドラクエ史観」という病 の記事を関連させようとしたのだが、

さらにこの一文がオイラのハートに火をつけた(w

魔王も、その手下も、シンプルに「悪」でしかない。

(゚Д゚)ハァ?

こいつ、ホンマにゲームやっているのか?と。
ドラクエすら、4とか単純な勧善懲悪のストーリーってわけじゃないのに。

そらね、やっぱ正義の味方になるって気持ちいいからね。

「悪いことより、いいことした方が気持ちいいや」
映画クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡に登場する最初は悪役側だったサタケの名台詞)

ただ、悪の側の回ってやりたい放題やるアナーキーなゲームが存在するのも事実。

自分が本来、できないことをゲームの中で実現できるというのが、ゲームの、RPGの醍醐味なわけで。
まあ、なりきって遊べるって娯楽を提供しているんですな。

それを、

RPGにおいて、主人公というのは圧倒的な正義である。

とか

魔王も、その手下も、シンプルに「悪」でしかない。

とか、決めつけるのはなんか違うだろうと。

そりゃ、オマエは正義の味方で遊びたいし、悪をやっつけるのが楽しいかもしれないが。
そういう人が、多いってのも事実だが。

でも、そう決めつけちゃうのに凄い違和感を感じで、でMOTHER2/3には、それとは違う何かを感じるって・・・・・

単に経験が少ないだけじゃね?

と個人的に思うわけです、ハイ。

意見には個人差があります!!
↑そのいらん予防線貼るなら記事書くなって(w

|

« 出る前に止まること考えるバカいるかよ!←考えないとダメなんだよ!! | トップページ | 真面目は素晴らしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105515/67239330

この記事へのトラックバック一覧です: 予防線を張る男:

« 出る前に止まること考えるバカいるかよ!←考えないとダメなんだよ!! | トップページ | 真面目は素晴らしい »