« 狂気のオセロゲームも、モ~いやっ!? | トップページ | サラダと油 »

2018年10月20日 (土)

何事も現実はそう甘くない

「お客様の中にお医者様はいらっしゃいますか?」が成功する確率は?

これ、「ドクターコール」というらしい。

こういう場面にまだ遭遇したことない。
まあ、新幹線とか、今も「お客様の中にお医者様はいらっしゃいますか?」なんてやっているんだろうか?
救急隊員途中の駅に待機させといて緊急停車した方が確実だと思うのだが。

で、ググってると、ちらほらと今も例が有るのだが、こんな記事も発見。

なぜ医者は「飛行機の中にお医者さんはいませんか」に手を挙げないのか?医師の本音

なるほど、今は飛行機の医師登録制度なるものがあるのか。
予め航空会社に医師である事を申告しとけば「ドクターコール」を流さなくてもCAが搭乗している医師に声を掛けて対応してもらえるという事か。

ちなみに機上で治せるのか?と言えば記事によれば

医師なら強くご同意いただけると思いますが、乗客の方がなにか致命的なものを発症した場合にははっきり言ってほとんど治せません。

医師なら強くご同意いただけると思いますが、乗客の方がなにか致命的なものを発症した場合にははっきり言ってほとんど治せません。

大事なことなので二回言いました。

まあ、そらそうだろうね。
助かると思うのはフィクション信じすぎ(w

患者の持っている病気や体調、その他諸々の情報もわからんのに治せと言われても、まあ応急処置がせいぜい。
てか、もうこれに関しては修羅場をくぐってきた経験を持ってる看護師や救急救命士、CAの方が助かる可能性高いかも。

そこらへん、機上における救命救急に関しては気休め程度に思っておく必要というか、覚悟がいるものなのかもしれんなぁ。

いずれにせよ法的整備が必要な案件なのかもしれない。

それでも医師が偶発的に遭遇した救急事態において人を助けようとするのは、医師の使命というより生物としての本能なのかもしれない。

|

« 狂気のオセロゲームも、モ~いやっ!? | トップページ | サラダと油 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何事も現実はそう甘くない:

« 狂気のオセロゲームも、モ~いやっ!? | トップページ | サラダと油 »