« カップでラーメンチャーハン定食ができる時代!? | トップページ | 実は今もモデムはみんな使ってる? »

2018年11月29日 (木)

平成とデパートの大食堂

食・非日常(2)ライスだけ注文「ソーライス」 阪急百貨店“伝説の大食堂”

そういや平成の外食産業でほとんど見なくなったってのはデパートの大食堂だな。

ショーウインドーに飾られている、数々の食品サンプルのイミテーションメニューを見ているだけで、心ウキウキ、お腹いっぱいの気分になれた卑しかったあの日(ぉぃ

食品サンプルのイミテーションって言葉自体も死語かもしれないなぁ。

ファミリーレストランでも食品サンプルのイミテーション置いているお店ってほとんどないし。

今は・・・・・
高層フロアに食べる場所があっても、レストラン街が中心だからね。
家族で楽しめる昔ながらの大食堂って本当のない。

じゃあ、スーパーショッピングセンターになると・・・・・
いわゆるフードコートがほとんどで、これも値段がお手頃なレストラン街って見方もできる。

大丸京都店の大食堂が残った理由「常連客が多いから」
ってのが、まあ京都らしいと言えば京都らしいって気もするなぁ。

良くも悪くも、やはり老舗への信頼感が大きいって事なんだろうか。

まあ、昔はデパートといえば、都市でも数少ない高層建造物だったし、その高層フロアにある大食堂から眼下に広がる都市を眺めながら食事をするっていうだけで、一つの娯楽としても成立したんだろうが。

今は、そういう状況もないし、競合する外食業者も多いしな。

デパートの大食堂と屋上遊園地は、次の時代の早いうちに消滅してしまうのか?
それとも一周回って復活するのか!?

デパートが単なる商業施設じゃなく、ライフスタイルを提案するテーマパークとしてのコンセプトを打ち出すことができれば・・・・・

|

« カップでラーメンチャーハン定食ができる時代!? | トップページ | 実は今もモデムはみんな使ってる? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105515/67414362

この記事へのトラックバック一覧です: 平成とデパートの大食堂:

« カップでラーメンチャーハン定食ができる時代!? | トップページ | 実は今もモデムはみんな使ってる? »