« みんな大好きマカデミアナッツチョコレート!! | トップページ | 高輪ゲートウェイより高輪門 »

2018年12月 8日 (土)

フィルタリングの意義を考える

スターバックスは店内無料Wi-Fiでポルノコンテンツのフィルタリングを2019年から本格的に行う予定

スタバに行ってまでエロを見たがる奴がどのぐらいいるのか?は謎(w

どんだけ性欲に欲しているんだと(ぉぃ

てかさ、基本、見るってことはイメージしないってことだから
想像力が落ちると・・・・・(やめい

まあ、このフィルタリングの範囲と場所がな。
どこまで広がるか?はな。

確かに公共の場所で、なんでもかんでも見れるのはどうよ?という発想はわかる。
一方で、公共の場所で「自分の価値観にそぐわないものは全てシャットアウトすべき」って発想もなぁ。

公共の場所の定義も幅広く考えることが可能なわけだし。

規制の必要性に関して理解はできるが、なんでもかんでも上から目線で自分たちは絶対正義だといって規制の圧力かけるのはなぁ・・・・・

そういうのは絶対に抜け道とかといった反抗心を生みそうな気がするんだがなぁ。
ポルノサイトをフィルタリング掛からないようにする方法なんていくらでもありそうだし。
まあ、そこまでして対抗するサイトはあるとは思えんが・・・・・

よっぽど性の自由を世の中に訴えたい狂信的な人間か、よっぽどの愉快犯か・・・・・

そのぐらいしか思いつかないなぁ。

まあ、今でも都合の悪い情報ってものはフィルタリングされているのかもしれないし、それでも都合の悪い情報を知りたい人間はあの手この手を使って知ろうとするし。
てか、都合の良い情報を勝手にバイアス掛けて信じている、否定する事ができないってケースもあるだろうしね。

まあ都合の悪い情報にフィルタリング掛けるのも、都合のいい情報にはフィルタリング掛けないのも、一種の身勝手といえば身勝手な行為なのかもしれない・・・・・

|

« みんな大好きマカデミアナッツチョコレート!! | トップページ | 高輪ゲートウェイより高輪門 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105515/67435601

この記事へのトラックバック一覧です: フィルタリングの意義を考える:

« みんな大好きマカデミアナッツチョコレート!! | トップページ | 高輪ゲートウェイより高輪門 »