« 平成を代表する言葉? | トップページ | NumLockとCapsLock »

2018年12月21日 (金)

進化する野球盤!?

野球盤で追い求める“本物” 「9コース投げ分け」進化の舞台裏

意外と根強い人気の野球盤
ビデオゲーム全盛期で、よりリアルな野球ゲームが楽しめるのに、なんで大きくデフォルメされた野球盤が今も売れているんだろうか?

そこは、やっぱゲームと割り切れる部分があるのかもしれないなぁ。
あまりにリアリティあると生々しいし、それなら

おーい磯野、普通に野球しようぜ!!

になってしまうだろうし(w

ルールも単純だしね。
決められた穴に入ったらアウトとかヒットとかホームランとか。

そのあたりは、鉛筆を転がして遊ぶ鉛筆野球に似た感覚なのかもしれない。

そう、あくまでも遊戯、ゲームであると。

それでも、単純だと飽きるのも早い。
だから消える魔球とか、スタンドに入るボール守備シフト可能な野手電光掲示板による得点表示様々な判定、実況機能

そして、とうとう9コース投げ分け機能搭載と・・・・・

ホント、年々進化する野球盤。
今後、どのように進化するんだろうか?

トレーディングカードを読み取る事によって選手ごとにバッティングや守備、球速や球種などの能力が変化するようになったりして(w
トレーディングカードのガチャ野球盤をセットにすれば・・・・・

ビッグビジネスの予感!?

|

« 平成を代表する言葉? | トップページ | NumLockとCapsLock »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 進化する野球盤!?:

« 平成を代表する言葉? | トップページ | NumLockとCapsLock »