« 列車内で食事をする文化はなくなるのか? | トップページ | 平成が終わり新時代の夏に新たな対蚊対策兵器 »

2019年2月20日 (水)

いつまでも あるとおもうな スマホゲーム

スマホゲーム、総崩れ? 各社の“冴えない決算”

基本、スマホゲームには課金しないからねぇ(ぉぃ

てか

課金したら負けだと思っている!!

っていう俺みたいなユーザーがいると、確かに利益を上げにくい。

タダでプレイできて、ある程度、攻略しやすくしたり、レアなアイテムが手に入るようにする場合に課金へと誘導するんだろうけど、そこまでコアにゲームしたいと思わないユーザーから課金に誘導するのは難しいだろうなぁ。

となると、広告とかアクセス情報、プレイ情報のビックデータを解析、提供して収益を上げるって事も考えざるを得ないという。

そうなると、ますます、ダダでもいいからゲームプレイしているユーザーの総数が多い方がいいわけで、でユーザー多ければ多いほど、サーバーの維持管理も大変なわけで、で広告とかアクセス情報、プレイ情報のビックデータを解析、提供して収益が思った以上に上げることができなければ・・・・・

いつまでも あるとおもうな スマホゲーム

になるわけで。

やっぱ、ハードルは高いかも知れないが、基本、課金というか有料でスマホゲームを楽しんでもらう方向に持っていかないとビジネスモデルが崩壊するかもしれないなぁ。
なんでもタダでサービスを提供するということは、サービスする側を疲労させ、サービスの低下を招き、やがてはスマホゲーム文化全体を衰退させてしまうと思うのだが。

立ち上げは大変かもしれないが、やっぱり買ってもらえるソフトを作らなきゃあかんと思う。

|

« 列車内で食事をする文化はなくなるのか? | トップページ | 平成が終わり新時代の夏に新たな対蚊対策兵器 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつまでも あるとおもうな スマホゲーム:

« 列車内で食事をする文化はなくなるのか? | トップページ | 平成が終わり新時代の夏に新たな対蚊対策兵器 »