« 奈良に「泊まれ」!? | トップページ | 古典落語が古典たる所以(下ネタ注意) »

2019年3月23日 (土)

放送の衰退

「radiko」のNHKラジオが4月から正式サービスに 「NHKラジオ第1」「NHK-FM」を全国47都道府県で配信

radiko
らじる★らじるの統合への布石か・・・・・
一方、こんなニュースも。

【速報】民放連、ラジオのAM放送「廃止」を要請へ。SNSに惜しむ声

そらね、ネットでのストリーミング配信ワイドFMの開始AMラジオとFMラジオのボーダレス化は進んでいるんだけどね。

AMラジオの利点ってなに?

と問われると

・比較的遠くまで電波が届く
・受信機が簡易にできる(電気すらいらないラジオも)

つまり災害時に強いって事だよね。
だからAM放送を「廃止」するって事は、大袈裟に言えば災害時におけるラジオの役割を放棄している行為にも思えるんだよね。

そらね、天下のNHKがあるのも事実だが。
災害報道となると、真っ先にNHKにチャンネルを合す、ダイヤルを合す修正がついているんだけどね。

災害時にNHKとはまた違った角度から、災害報道や災害放送と向き合ったラジオ局が数多くあるのも事実。
FMラジオだと、確かに音はクリアだが、どうしても遠距離まで電波が届かない、届けようとすると多数の中継局を必要とする問題があるからね。
(もちろん災害報道や災害放送と向き合ったFMラジオ局も数多くあるのも事実。)

音楽などの高音質を求める放送では、そりゃFM放送にはかなわないだろうが、報道や情報を伝えるといった放送となると、むしろ遠くまで電波が届き、受信機が簡易的なAM放送の方が圧倒的に強いと思うのだがね・・・・・

AM放送の衰退は報道や情報を伝えるといった放送自体の衰退を意味しているのかもしれない。

|

« 奈良に「泊まれ」!? | トップページ | 古典落語が古典たる所以(下ネタ注意) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奈良に「泊まれ」!? | トップページ | 古典落語が古典たる所以(下ネタ注意) »