« レゴ万能説 | トップページ | からあげの重要な三大要素ってなに? »

2019年3月18日 (月)

欲しかったアナログゲームがカプセルトイ化!?

本当に動く! 野球盤にポカポンゲーム……エポック社の懐かしアナログゲーム7種がちっちゃいカプセルトイに

野球盤のカプセルトイはあったが、エポック社のアナログゲームまでカプセルトイ化されたのか。
「アスレチックレース」「大迷路」「あくま島脱出ゲーム」・・・・・v

ほとんど欲しかったやつやん!!

「ドンケツゲーム」「ポカポンゲーム」、これもよく遊んだなぁ。

「大迷路」組み合わせで2,642,411,320通り(26億以上)の遊び方ができるってのがウリだったから「一生遊べるじゃん!!」と思ったものだが(w

当時は巨大迷路がブームで、全国各地に巨大迷路アトラクションが作られていたからねー。
ジェームス山(今のイオンやツタヤ、コーナン、ケーズデンキがあるところ)にもあったしねー。

「アスレチックレース」「あくま島脱出ゲーム」は名前を変えたり、キャラクター商品になって、なんどか再販されていた記憶が。
「大迷路」も再販されていたけどね。

でも、今のご時世、こういうパチンコ玉使う玩具は、子供の誤飲対策が必須だろうな。
ボードゲームが復権しつつある世の中、こういうギミックのある玩具ゲームがもう一度、見直される時期が来てもいいと思うのだが。

しかし、これ電池無くても動くのだろうか?
これらのギミックゲーム玩具は乾電池必須だったような記憶が・・・・・

|

« レゴ万能説 | トップページ | からあげの重要な三大要素ってなに? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 欲しかったアナログゲームがカプセルトイ化!?:

« レゴ万能説 | トップページ | からあげの重要な三大要素ってなに? »