« 上野動物園モノレール問題 | トップページ | ホンダ青山一丁目の伝説!! »

2019年5月11日 (土)

地図と時代と銀行

紙の地図はどう変わったのか? 銀行のロゴが消えた理由

ATMを設置している箇所が増えたからかな?
全部を紙の地図に載せていると収拾つかないと。

って、推測してたんだが、記事を見てみると、平成以後、銀行の合併などで名称やロゴがコロコロと変わるので、銀行を意味する地図記号を掲載しているとか。

さらに、時代が進むにつれて銀行の重要度が下がっていっているということ。
たしかにコンビニでも振り込みができるし、スマホで決済もできる。
それこそATMで現金の預入や引出もできるからねぇ・・・・・
そう考えると、銀行の支店や人員の削減計画が浮上しているのも、なんか理解ができるというか・・・・・

まあ、考えたら昭和の時代は土曜日の午後になると、月曜日の開店時間まで現金の引出しすらできなかったからなぁ・・・・・(´・ω・`)
今じゃ、手数料さえ払えばコンビニのATMで引出ことができるし。
てか電子マネーって方法もあるからね。
うーん、ひょっとしたら人員が居る銀行って主要都市に一つぐらいっていう時代が来るのかもしれない・・・・・

|

« 上野動物園モノレール問題 | トップページ | ホンダ青山一丁目の伝説!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上野動物園モノレール問題 | トップページ | ホンダ青山一丁目の伝説!! »