« 出る杭は打たれる | トップページ | だいたい美〇し〇ぼが悪い説 »

2019年5月30日 (木)

三角パックは永久に不滅です!?

三角パックの牛乳が消えたのはなぜ?

機械のメンテナンスが不可能になった

これがやっぱ一番大きいんだよなぁ。

需要が減る→メンテナンスのコストが掛かる→需要がさらに減る→メンテナンスの採算が取れなくなる・・・・・
という負のスパイラス
輸送効率の悪さと、効率の良いブリックタイプ(四角い形状)の牛乳が普及したのも、その負のスパイラルに拍車をかけたのかもしれない。

けど、三角型のパック=「テトラ・クラシック」を全く見なくなったかと言えば・・・・・
記事によれば
低コストで製造できることから、飲料だけでなくお菓子のパッケージなどさまざまな商品で今もよく使われているデザインです。
そういや、m&mチョコレートの徳用タイプ小分けのパックはテトラ・クラシックだね。

実際、ポリエチレン製の三角パック牛乳は、まだ製造されているみたいだし。
三角パックは永久に不滅・・・・・か!?

|

« 出る杭は打たれる | トップページ | だいたい美〇し〇ぼが悪い説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出る杭は打たれる | トップページ | だいたい美〇し〇ぼが悪い説 »