« 吉野家の缶詰とローリングストック | トップページ | 運を生かすのも実力のうち »

2019年6月 5日 (水)

スーパーカーもハイブリット時代へ?

フェラーリ初のプラグイン・ハイブリッド・スーパーカー「SF90 Stradale」

まあなぁ、F1も今やエンジンって言葉は死語だしな。
パワーユニットっていうらしい。

パワーユニットとは? | F1用語集 | Formula1-Data

パワーユニットとは、エンジン、ターボチャージャー、エネルギー回生システム、バッテリー等からなる総合的エネルギー供給システムとの事。
ターボチャージャーでエンジンをパワーアップさせ、更に減速時にエネルギー回生システムでエネルギーをバッテリーに貯めて、それをエネルギー回生システムが車軸を駆動させる。
現代のF1は相当複雑な事をやっているんだなと。
トップ争いをするには相当技術がいることが容易に推測できると。

ちなみに今のF1は燃料タンクの容量は100kgに制限されているとか。
1988年の燃料に関するレギュレーション
過給機付きエンジン搭載車の最大燃料タンク容量を195Lから150Lへ縮小。
だから、本当に動力源の燃費が良くなっているという証拠だよなぁ。

そして、こういうスポーツカー、スーパーカーにもフィードバックされるわけだから、こういった技術が大衆車にもフィードバックされる事に期待したい。

|

« 吉野家の缶詰とローリングストック | トップページ | 運を生かすのも実力のうち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吉野家の缶詰とローリングストック | トップページ | 運を生かすのも実力のうち »