« 伝説のPlayStation!? | トップページ | チッキ便は復活するのか? »

2019年7月13日 (土)

Windows95の処理速度をあげる裏技!?

Windows 95ではマウスカーソルをぐるぐると動かすと処理速度が早くなることがあった

そんな話は初めて聞いたぞ!!

Win95系はデスクトップにアイコンを沢山置くと、メモリを食って遅くなるという話は聞いたことあるが。
記事を読むと、どうも当時のアプリケーションは非同期I/Oを採用していた事が関係しているみたい。

非同期I/Oとは?
これも記事によれば入力されるとプログラムが処理中の状態になり、処理を行っている途中でもプログラムを停止せずに別の処理を実行することができます。そして、処理が完了したらOSが通知するという仕組み。

つまり、これは僕なりに話を解釈したんだが・・・・・
たとえば、A、B、C3つの非同期I/Oアプリケーションが動いているとする。
Aをメインで動かしていて、B、Cがバックグラウンド処理で動いている場合、A、B、Cのアプリケーションの処理を均等に切り替えながら処理が行われている。
しかし、Aのアプリケーションをアクティブの状態にしてマウスカーソルをぐるぐる回すと、OSがAというアプリケーションに入力処理が行われていると認識してAのプログラムが優先して処理中となる。
結果、処理速度が早くなる。

と思うのだが、あんまり自信ねーなー(w

|

« 伝説のPlayStation!? | トップページ | チッキ便は復活するのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伝説のPlayStation!? | トップページ | チッキ便は復活するのか? »