« X68000が復活!? | トップページ | ピーピー、ガーーーーー、ピー、ガーーーーー »

2019年8月24日 (土)

Windows 3D ピンボール

XPまであったゲーム「ピンボール」がWindows Vistaから消えた知られざる理由とは?

Windows 3D ピンボールはそうとうやりこんだかもしれない。(笑)
Microsoft Plus! for Windows 95にバンドルされていて、かなりやり込んだ記憶があるなぁ。
100万点のスコアは余裕で叩きだしていた記憶が。
200万点300万点行くと、そりゃもう気分の良い事!!
与えられたミッションをクリアするのが、これがまた,、なかなか難しい。
タイミングよく、ピンボール台を揺らしたりなんかしてボールをターゲットに当てるテクニックとかも使っていたなぁ。
あまり台を揺らし過ぎるとTILT状態になるけどね。

多分、Windowsでも、これだけのアクション処理能力をもったゲームができますよって意味合いで、バンドルされていたものと思うが。
実際、クオリティ高かったが、パソコンで家庭用ゲームを楽しむという状況にはならなかったからねぇ。
今から考えると、初代ペンティアムのCPUと、32MBバイトぐらいのメモリーで、あれだけのゲームがスムーズに動いていたと思うと隔世の感があるなぁ。

しかし、バンドルされなくなった理由が64ビット版に移植する際に、当たり判定に致命的エラーが見つかって、しかもプログラムソースで、その部分を見つけることができなかったとは!!
元々あったものを移植するって大変なんだなぁ。
なら、バグの原因を見つけるより、新しく一からソースプログラム書いた方が早いって発想になるってわけか・・・・・
なんでも、継ぎ足し、継ぎ足しした物は、作っている本人らも、その全容を把握できないようになってしまう典型的な例のように感じます、ハイ。

|

« X68000が復活!? | トップページ | ピーピー、ガーーーーー、ピー、ガーーーーー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« X68000が復活!? | トップページ | ピーピー、ガーーーーー、ピー、ガーーーーー »