« 人の行く裏に道あり花の山 | トップページ | 真実に自分の希望的観測求めがち »

2020年1月23日 (木)

何でもないようなことが幸せだっと思う。

漫画「100日後に死ぬワニ」 ワニが傷心しようと容赦なく進むカウントダウン“死まであと71日”

これ話題になっているなぁ。
多分、悲喜劇的になっているのは

何でもないようなことが幸せだっと思う。

この一言に尽きる。
しかも、結末がわかっていると思うと。
実は幸せそうにみえて、1日目の2コマ目で予兆が・・・・・

運命って変えられないからなぁ。
そこらへんは、「100日後に死ぬワニ」クリエイターはどんな心境で毎日、毎日、連載しているのだろうか?

実は助かるENDもあるんじゃね?
いや、ありだと思うんじゃね?
仮に助かるENDになったとして

「話が台無しになった!!」

とか憤る奴がいたらね・・・・・

本当に悪意というやつは個々の心の中にあるなぁ。

100日目がエイプリルフールだったらいいのになぁ(´・ω・`)
けど実際は2020年3月20日だとか。

一寸先は闇。
僕らも本当に運命に生かされているだけなのかもしれない。

ほんと

何でもないようなことが幸せだっと思う。

だよなぁ・・・・・

悪意は僕の中にありました!!m_o_m

|

« 人の行く裏に道あり花の山 | トップページ | 真実に自分の希望的観測求めがち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人の行く裏に道あり花の山 | トップページ | 真実に自分の希望的観測求めがち »