« ソニーの野望!? | トップページ | 過去があるから未来もある。 »

2020年1月 4日 (土)

32年の時代を経て・・・・・

「佐々木望さんでありますように」 アニメ映画「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」特報映像公開にファンたちの声集う

そうか、逆シャアから32年か・・・・・
でも閃光のハサウェイの小説版のラストって鬱ラストだったような・・・・・

あ、でも、あくまで小説版だからね。
映画版なら大人の事情でそこら辺が変わる可能性が十分にある。

だって、逆シャアだって角川書店から出た小説版と実際の映画のストーリーは違っていたからね。

閃光のハサウェイが映像化されるんだから、ここは逆シャアのプロローグともいえるハイストリーマーも映像化して欲しいなぁ。

それなりに需要がありそうというが・・・・・

こんな記事も。

「最近のガンダムは子どもに人気ない」という嘆き 新規を受け入れようとしないオタクが原因では

たしかになぁ。
やっぱり、今の若い子に受けるモノを作っていかないと。
親子で共感できるものを作っていかないとって感じだろうなぁ。
ただでさえ少子化で市場は縮小しているし。
まあ、既存世代受けを狙うのは確実と言えば確実だが・・・・・

 

 

|

« ソニーの野望!? | トップページ | 過去があるから未来もある。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ソニーの野望!? | トップページ | 過去があるから未来もある。 »