« 風間親子はなぜ春日部に住んでいるのか? | トップページ | リモートワークと仕事の内容とその意味 »

2020年3月16日 (月)

夢の地表集電方式!!

空がとっても広い! 架線を使わないリオの新世代路面電車が「スマートでめっちゃかっこいい」

架線がないということは・・・・・
地面に電流が流れている・・・・・

まさかね?

バッテリー駆動かな?と思ったら

「地表集電方式」
電力をレールの間に施設したもう1本の給電用のレールから電力を受け取ります。

マジかよ!!

それじゃあ感電しほうだいな気が・・・・・

記事を見てみると

電流が流れるのは車両が通過する瞬間のみ。普段はレールに触れても感電する心配はありません。

夢のようなシステムじゃん!!
てか路面電車だけじゃなく、電気自動車なんかにも応用できそう。
てか、自動車専用道路など、この仕組みを応用すれば、大型電気自動車の普及も進みそうな気が。

ただ高電圧を流しつつ、かつ安全性を担保できないと、大出力のスピードの出せる路面電車やパワーがある電気自動車の運用は難しそう・・・・・

|

« 風間親子はなぜ春日部に住んでいるのか? | トップページ | リモートワークと仕事の内容とその意味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風間親子はなぜ春日部に住んでいるのか? | トップページ | リモートワークと仕事の内容とその意味 »