« 自分の声や姿が本人の意思とか関係なく使われる可能性と危うさ | トップページ | 知ってるようで知らない映写機 »

2020年7月30日 (木)

幻の大正通り!?

「明治通り」「昭和通り」はあるのに、なぜか「大正通り」はない東京のちょっとした謎

「平成通り」・・・・・
でも、「明治通り」「昭和通り」は知っているが具体的な場所を聞かれると言えない神戸民・・・・・

明治通りは、新宿~池袋辺りを通っているイメージあったが、23区内をぐるっと回る環状道路。
環状5号線なのか。

ここら辺は、やっぱ城郭都市東京=江戸って感じを思わせるな。

昭和通りはたしか、銀座辺りの下町を走っていたイメージだが。
新橋から台東区に抜けるルートだからおおむね想像通りだな。

さて大正通り・・・・・
実は靖国通り大正通りだったそうだが、名前が定着せず、靖国神社の大鳥居の横を走る道路のインパクトのほうが勝って靖国通りの愛称が定着して今に至る。

ちなみに靖国通りは、新宿から浅草橋へと都心を東西に横切るルート。

なお、吉祥寺には昭和初期に整備された別の大正通りが存在するとか。

ちなみに平成通りもあって、中央区の日本橋兜町から築地2丁目まで、新大橋通りの西側を走っている通りとの事。
ルート的には昭和通りと被るのかな?

令和通りは東京じゃないが、JR新山口駅前に開通した県道にその愛称がつけられているとか。

でも神戸人大正の名前が付く道といえば、大正筋が真っ先に思いつくなぁ。
実は、大正筋の近くには昭和筋も存在する。
けど、明治筋は存在しないなぁ。

|

« 自分の声や姿が本人の意思とか関係なく使われる可能性と危うさ | トップページ | 知ってるようで知らない映写機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分の声や姿が本人の意思とか関係なく使われる可能性と危うさ | トップページ | 知ってるようで知らない映写機 »