« ピップ!! | トップページ | 幻の大正通り!? »

2020年7月29日 (水)

自分の声や姿が本人の意思とか関係なく使われる可能性と危うさ

無料でビル・ゲイツやアーノルド・シュワルツネッガーなど有名人に好きな台詞をしゃべらせることができる「Vocodes」レビュー

Vocodes. Vocal playground.

面白いサービスであるが、一方で怖さも感じるなぁ。
有名人が実際にしゃべってないことをしゃべらせることが可能となる世の中は、それを悪用される可能性もあるし。

亡くなった人の歌声や演技を再現されることが可能になる話も、実際、AI美空ひばりでは批判があったのも事実。

山下達郎、AI美空ひばりに「冒涜です」発言の思わぬ波紋

自分の声や姿が本人の意思とか関係なく使われる可能性が出てきたってのは、ちゃんと正面から論議しないと大変な事になるかもしれないなぁ。

それはフェイクニュースに限ったことでなくてね。
それに、「他人の声は利用するけど、自分の声は利用しないでくれ」っていうわけにはいかんだろうし。

だったら、他人の声を利用すべきではない。
フェアじゃないと思うしね。

ここら辺は、本当に科学の進化と倫理的問題が問われるものかもしれないなぁ。

|

« ピップ!! | トップページ | 幻の大正通り!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピップ!! | トップページ | 幻の大正通り!? »