« フリーのマリオメーカー? | トップページ | おこのみボックスはスマホの誕生を予見していたのか? »

2020年9月23日 (水)

ビデオテープレンタルコーナーの真の狙いは!?

「圧がやべぇ」「何があった渋谷ツタヤ」 SHIBUYA TSUTAYAに未DVD化作品含む“ビデオテープ”レンタルコーナー爆誕

20年前まではDVDよりVHSのビデオテープの方が主流だったからなぁ。
そういやまとめ借りとかもしにくかったような。
なんせかさばるからね。

DVDになってサイズも小さくなって、大量に置けるし、1枚で吹き替え、字幕どっちでも選べるし、巻き戻しもいらないし、お気に入りのシーンからの頭出しもできるし・・・・・

良いことづくめ。

ハードとソフトのレンタル環境の整備で一気に普及したイメージがあるなぁ。

ライバル?のレーザーディスクが、思った以上に普及しなかったのは、あの大きさもあるのかなぁ。
なんせ直径30cmもあったんだから。
長時間映画になると両面再生だから、ディスクを裏表入れ替えたりして。
まあ、あの大きさで2枚組にするのは・・・・・酷だよなぁ。

記事によれば廃盤作品など貴重な映像作品もレンタル可能・・・・・
ってところに、何気に隠れた需要があるわけか。

まあね、デジタル化サブスク化するには色々と乗り越える壁がありすぎる。
でも、ひょっとしたら、TSUTAYAはここで人気の作品を探って、発掘良品のラインナップに加えるのかもしれんなぁ。

死霊の盆踊り発掘良品DVDレンタル配信されているし(w

|

« フリーのマリオメーカー? | トップページ | おこのみボックスはスマホの誕生を予見していたのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フリーのマリオメーカー? | トップページ | おこのみボックスはスマホの誕生を予見していたのか? »