« 無性に中華まんの皮だけ食べたくなることってありますか? | トップページ | マスクは既得権益化する? »

2020年9月27日 (日)

100年前の光景と今の光景

車窓の変化が一目瞭然! 100年前と現在の比較動画が「比べるのが楽しい」と話題に

 

なかなか興味深い動画だなぁ。
ヴッパータール空中鉄道現役最古のモノレール

鋼鉄製の車輪と鋼鉄製のレールだから、地上を走る鉄道と同じくジョイント音がするのが特徴的。
この感覚は、日本を走るモノレールじゃ味わえない感覚だろうな。

現在と比較すると、やっぱり100年前の動画では自動車が全く走ってない
てか、全体的に人通りがすくない。
まれに、馬車や人が歩いている風景が見られる程度。

にも拘わらず、100年後も自動車が通行することができる、これだけ大きい道が整備されていたことを思うと、先見の明があった都市計画をしていたのかもしれないなぁ。

あとは、川の上に軌道を配置しているのも空間の有効活用をしているイメージ。
まあ、水運に代わる役割をモノレールにも担わせようとしてたのかもしれない。

|

« 無性に中華まんの皮だけ食べたくなることってありますか? | トップページ | マスクは既得権益化する? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無性に中華まんの皮だけ食べたくなることってありますか? | トップページ | マスクは既得権益化する? »