« 千葉はなぜ庶民的なのか? | トップページ | OSに欠けているのは視覚化、親近感じゃないだろうか? »

2020年10月19日 (月)

トイレットペーパーの重要性

トイレットペーパーがない時代に人々は何でお尻を拭いていたのか?

葉っぱ?
漆の葉っぱで・・・・・(やめぃ

まあ、いろいろあったそうだね。
木のへらとか。(記事によれば籌木(ちゅうぎ)という木の棒らしい)
あるいはロープで股をこすりつけてゴーシゴシとか。

いや、まじめな話。

紙なんて貴重品でお尻を拭くなんて、それこそ万札でお尻を拭く感覚だったかもな。

紙の質も悪いと拭き心地が悪いわけだし。
そう考えると、トイレットペーパーの大切さがよくわかる。

昔の人は痔に苦しむ人が多かったが、トイレットペーパーの普及の関係性も大きいかもしれないなぁ。
今じゃ、ウォシュレットの普及も進んでいるし。

感染症の対策と、水洗トイレ、下水道の整備、そしてトイレットペーパーなどの生活用品は、本当に大きな役割を果たしている。
それがあるのが当たり前の生活を送っているが、実はそれらが整備されるまでには先人の大きな努力があったわけで。
それを後世の人にも伝え、さらに進化させていくのが、今を生きる人の役割なのではないか?と。

たかが、トイレットペーパー、されどトイレットペーパー。
いろいろと考えされられる。

|

« 千葉はなぜ庶民的なのか? | トップページ | OSに欠けているのは視覚化、親近感じゃないだろうか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉はなぜ庶民的なのか? | トップページ | OSに欠けているのは視覚化、親近感じゃないだろうか? »