« 駅チカの名古屋めし | トップページ | みんな銃を撃ちたかった(ぉぃ »

2020年10月 5日 (月)

タイプライター文化とキーボード

レトロ感がたまらない! タイプライターみたいなキーボード「PENNA KEYBOARD」登場 側面レバーもちゃんと使える

日本はタイプライター文化がないからなぁ。
パソコンのキーボードのキー配置(QWERTY配列)はタイプライターが元になっているし。

タイプライター文化がなかったのが、日本にパソコンが普及し始めたときに、多くの人が抵抗を感じた原因か?

まあ、和文タイプライターなる代物もあったんだけどね。
1980年代日本語ワードプロセッサの普及とともに見なくなったなぁ。

まあ、それでも黎明期の日本語ワードプロセッサの編集や文書保存機能の貧弱性を考えると、電子和文タイプライターって感じはしないでもない。

側面についたレバーは、本当のタイプライターだと何に使うんだっけ?
っと調べてみたら改行に使うとか。
つまり、Enterキーってことか!!

このキーボードでは頻繁に使うキーや定型文章などの登録と実行ができるようになっているそうだが。

まあ、キータッチの感覚がないとキーボード操作しにくいという人も多いからなぁ。
タブレットのソフトウェアキーボードとか、キー操作感覚がないから使いにくい・・・・・

|

« 駅チカの名古屋めし | トップページ | みんな銃を撃ちたかった(ぉぃ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 駅チカの名古屋めし | トップページ | みんな銃を撃ちたかった(ぉぃ »